徳島で手作り石けん・ハーブなどの自然療法とクリスタルカラーセラピーで、自分の「体」「肌」「心」を守る。
ハーブ、手づくり石けん、クリスタルカラーセラピー各種資格の認定校|自宅サロン&スクールHerb・Room leaf(ハーブルームリーフ)

【電話受付】AM 9:00 〜 PM 7:00

体験レッスン受付中。お気軽にお電話ください

  1. 石けんが使用される前の洗濯方法
 

石けんが使用される前の洗濯方法

2017/07/03 石けんが使用される前の洗濯方法
みなさん、『洗濯』はいつから始まったかご存知でしょうか?

私たち人間が衣類を着るようになってから始まったと言われますが、最初は宗教上の動機から始まったと考えられているそうですよ。

古来から人類は、水を穢れを落とす力を持った神聖なものとみなして、体や衣類を洗うようになったと言われてます。

それから年月が経ち、衣服を長期間着用するという経済上の理由、保健衛生上の観念も加わって、日常的に洗濯が行われるようになったそうです。



原始的な洗濯方法として、
  • 手もみ洗い
  • 振り洗い
  • 足踏み洗い
  • 木や石を使って洗う振りつけ洗い
  • 板の間に挟んで洗う板もみ洗い
  • 棒でたたきつけて洗うたたき洗い
などの方法があって、川や泉、沼のほとりなどで行われてました。

これらの方法は、汚れを溶かし込む水の性質と汚れを落とす物理的な力を応用したもの。


洗剤、洗濯機が普及していない国々では、今でもこれらの方法で洗濯してるそうですね。

古くから「天然の洗剤」として利用されてきたのは、灰汁
灰汁はアルカリ性で、アルカリ性の物質は汚れを分解する力を持っています。

平安時代には、灰汁や米のとぎ汁、白小豆やサイカチの実、大根の汁やムクロジなどが洗濯に活用されてたそうですよ。

その後、石けんも開発されていきました。

昔から洗濯は、汚れを水に溶かして落とすことで、物理的な力を使ったり、灰汁を使ったり、石けんを使用してきたのですね。

ラベンダー


スクール講座を受ける前って不安ですよね。

そんな方のために、Herb・Room leafでは無料説明会を予約制で行っています。


体験レッスンのお申し込みは、お電話またはネットから受け付けております。

その他のお問い合わせについても下記よりどうぞ。



Herb・Room leaf

〒770-8002 徳島県徳島市津田町2-8-24-7[アクセス]

☎ 050-3747-9514  完全予約制  【電話受付】AM 9:00 〜 PM 7:00


オーナー自身がアトピーを経験したのをきっかけに、自分のために、同じ悩みをもつお母さんや子供たちのために、 四国・徳島の素材を使用した、徳島のこだわり石鹸を開発しました。

徳島素材を使ったお肌に優しいオリジナル手づくり石けんを販売しています。