徳島で手作り石けん・ハーブなどの自然療法とクリスタルカラーセラピーで、自分の「体」「肌」「心」を守る。
ハーブ、手づくり石けん、クリスタルカラーセラピー各種資格の認定校|自宅サロン&スクールHerb・Room leaf(ハーブルームリーフ)

【電話受付】AM 9:00 〜 PM 7:00

体験レッスン受付中。お気軽にお電話ください

  1. 血をキレイにしてくれる薬膳食材
 

血をキレイにしてくれる薬膳食材

2017/01/09 血をキレイにしてくれる薬膳食材

■血をキレイにしてくれる「紅花(べにばな)」

綺麗な色のお花が鮮やかですよね〜

血行促進効果があるので冬にオススメの食材です。

古い血や汚れた血を溶かすといわれ、生理痛など婦人科系のトラブルを改善したい時によく使われます。

 

 

 ということで、今日は「ベニバナ」をご紹介しますね。

 

 

 

 

学名:Carthamus tinctorius

和名:ベニバナ

別名:スエツムハナ(末摘花)

科名:キク科ベニバナ属/一年草、越年草

原産地:エジプト周辺

使用部位:種子、花

 

【特徴】

学名の「Carthamus」は、「染める」という意味のアラビア語からきている

エジプトの古代墳墓のなかから発見され、すでに栽培されていたことが証明された

日本には6世紀頃に朝鮮半島を経て入ってきたといわれ、『万葉集』にもベニバナを詠んだ歌がいくつもみられる

当時は、赤の色素を持つ花は珍しく、紫と並んで、古代染色のなかでも貴重な染料として貴族の女性たちの憧れの的だった

種子から作られる紅花油(サフラワー油)に含まれる脂肪酸の70%以上がリノール酸で、植物油のなかでは最高のもの

 

【作用・効能】

リノール酸には血液中のコレステロールを減らす作用があり、動脈硬化や高血圧、心臓病などの予防、浄血、血行不良の改善に役立つ

花を乾燥させた生薬の「紅花(コウカ)」でベニバナ酒を作れば、婦人病などに効果があるといわれる

 

【主な用途】

ベニバナ油はドレッシング、炒め物、揚げ物などに、花を発酵・乾燥させたものは食品の着色料として使われている

 

お米と一緒に炊いたりするサフランライスも有名ですよね〜

 

花は薬膳食材としてよく活用され、生理痛や生理不順などに効果があるとわれている

乾燥させたものをハーブティーにブレンドするのもおすすめ

 

【禁忌事項】

妊娠中の使用は控えてください。

 

 

明日も寒い季節にぴったりな「温性」の効果を持つ、美容効果抜群の薬膳食材をご紹介していきますね。

 

ラベンダー


スクール講座を受ける前って不安ですよね。

そんな方のために、Herb・Room leafでは無料説明会を予約制で行っています。


体験レッスンのお申し込みは、お電話またはネットから受け付けております。

その他のお問い合わせについても下記よりどうぞ。



Herb・Room leaf

〒770-8002 徳島県徳島市津田町2-8-24-7[アクセス]

☎ 050-3747-9514  完全予約制  【電話受付】AM 9:00 〜 PM 7:00


オーナー自身がアトピーを経験したのをきっかけに、自分のために、同じ悩みをもつお母さんや子供たちのために、 四国・徳島の素材を使用した、徳島のこだわり石鹸を開発しました。

徳島素材を使ったお肌に優しいオリジナル手づくり石けんを販売しています。